高周波による膣縮小術

最近の膣縮小術には高周波によるものもあるようです。

その高周波エネルギーをつかった膣縮小術のことを「ビビーブ手術」

と言います。

この手術はおよそ20分から30分ほどの時間で施術をすることが可能です。

メスを使う必要もありませんし、なんと麻酔も必要がないので、体への負担も少ないようです。

そしてコラーゲン生成の促進効果が高いようです。

こういった理由からビビーブ手術は注目されているようです。

更には、施術完了後から最短で7日ほどで膣が引き締まった感覚を感じる人が多く、およそ1年その効果が持続するということが分かっています。

施術を受けた人の中で67%の人が1ヶ月ほどで膣の締まりを実感し、6ヶ月後には実に87%の人が効果を感じているようです。

メスも麻酔も使わずに施術時間もとても短いので安心して施術を受けることが出来ますね。

しかもおよそ1年間効果が持続するという点もとても魅力を感じますね。

ビビーブ手術を行っている病院も複数ありますので、期間限定で膣縮小をしたい人にはお勧めですね。

ビビーブ手術というのは膣壁が薄くなっている人に特にお勧めしたい膣縮小術のようです。

何故なら高周波を照射することでコラーゲンの生成を促進し、膣内の粘膜を厚く形成してくれます。

筋肉を鍛えて効果を得ることができなかった人もその手術で膣の引き締めを感じることができるからのようです。

施術の方法は親指サイズの治療用チップを使用して行います。

そのチップを膣内に挿入し膣の入り口周辺をなぞるように円を描きます。

そして皮膚の下のコラーゲン層にコラーゲンを注入し、膣の表面を冷却していきます。

この施術は様々な女性の膣に対応することが可能で、施術後のダウンタイムはおよそ一週間と短いので体への負担もあまりありません。

また1度の施術で済むので通院の必要がないのも魅力です。

膣トレーニングであまり効果が得られなかった人にビビーブ手術が大変お勧めです。

膣縮小術は怖いからしたくない!

膣トレーニングをしたのに効果が出ない!

という人はお考えになってみてはいかがでしょうか?