膣縮小について知ろう

膣に関することで聞いたことがあるのはやはり、出産をしてしまうと膣がゆるくなってしまい広がってしまうということでしょう。

ですが、そのゆるくなってしまう原因というのはそれだけではないようです。

年齢を重ねたり、体重が増えてしまったりという誰にでも起こってしまう問題です。

実は膣にも筋肉があり、それが他の性器の支給や膀胱などを支えてくれる骨盤底筋とも関係しています。

この骨盤底筋が衰えてしまうと実が緩くなってしまいます。

膣の筋肉が弱くなってしまって緩くなってしまったけれど何か問題でもあるのかな?

とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、そのまま放っておくと子宮が外にでてきてしまう子宮脱が起こってしまう場合もあります。

そうならない為には膣を締めてあげる必要があります。

簡単になおかつ早く改善する方法といえば膣縮小術です。

手術になってしまいますが確実に悩みを解消してくれます。

膣縮小するために体のメカニズムをしって上手に付き合っていく必要がありますね。

膣というのは加齢とともにゆるみが生じてしまうというのが判明しましたが、膣が緩くなってしまわないように自分でも対策を考える必要がありますね。

実は日常の生活の中でちょっとした運動で膣縮小させるための簡単なトレーニング方法があります。

これは1日の中の少しの時間でできますし、テレビを観ながらなどのながら運動や電車などの通勤途中でもできちゃいます。

まず立って行う場合は足を肩幅に開きます。

次に体の力を抜き、息を吸いながらお尻の穴に力を入れて締めます。

自分の限界までいったら5秒間キープしてください。

その後5秒かけてゆっくりと力を抜いていきましょう。

これを数回繰り返してください。

座って行う場合は椅子が必要になります。

坐骨が椅子と垂直になるように背筋を伸ばして座ります。

そしてへそのあたりに力が入るように意識をした上で立っているときと同じように行います。

最初は意識をして行うということが難しいと思うので股に丸めたタオルやクッションを使うとやりやすくなります。

これで膣縮小術を行わなくてもある程度自分で膣を締められます。

ぜひ試してみてください。