膣縮小術を受ける前に知っておきたいこと

膣ってどうして緩くなってしまうのでしょうか?

女性の方で前よりも膣に締まりがなくなってしまったのではないか?

という風に感じる人は出産をしたことのある女性が多いのでしょうか?

特に出産の回数を重ねていたり、難産を経験した方が多いようです。

出産経験のある女性の約8割が以前より膣をきつく締めることができないという風に感じているようです。

何故かというと理由があります。

それは出産をすることによって筋肉の繊維が傷ついてしまって赤ちゃんを産むための産道となる膣がうまく収縮できなくなってしまったことが原因です。

膣の組織というのは人の肌と同じようにコラーゲンの繊維が基盤になっているのです。

出産を経験したことにより膣の組織が引き伸ばされてしまい、コラーゲンが切断されてしまうようです。

その影響で膣の入り口周辺が緩んでしまったように感じるようです。

出産をしていないという方で、なんだ、自分はまだそんなでもないから膣縮小術は不要なのでは?

と感じた方も実は注意が必要です。

子どもの頃から運動や下半身を使った運動をしていない人も膣の締まりが弱くなってしまっています。

そういった方にこそ、膣縮小術を受けた方をお勧めしますので、ぜひ検討してみては?

膣縮小術を受けるけれどそもそも、受けなければならない理由をご存知でしょうか?

実は出産以外にも何気ない行動が膣を緩くしてしまっているのです。

立ち仕事をしている人も緩くなっているかもしれません。

立ち仕事をしているときというのは内臓を支えるのに筋肉が働いているので、負担がかかってしまいます。

それが原因で膣が緩んでしまうようです。

その他に、重たいものを持ち上げる時にも無意識に行う動きが膣を緩くさせてしまう原因なのです。

重いものを持ち上げる時に使う腹筋の筋肉の影響で膣圧が高くなってしまうのです。

それにより膣などが外に押し出されるような状態になってしまうので注意が必要です。

更に調べると便秘も原因につながってしまいます。

便秘の方でありがちなのがトイレにこもって長く力んでしまうことでしょう。

そうすることによって膣を支えている部分が弱る原因となり、膣にも影響を与えてしまいます。

上記の原因で当てはまってしまっている人は膣が緩んでしまっている可能性が高いのです。

改善するためにも膣縮小術を受けることをお勧めします。